コンテンツにスキップする
Photographer: Thomas Lohnes/Getty Images Europe
deals

ドイツ政府はドイツ銀とコメルツ銀の合併調整に前向き-フォークス誌

FRANKFURT AM MAIN, GERMANY - NOVEMBER 29: Police cars stand at the corporate headquarters of Deutsche Bank on November 29, 2018 in Frankfurt, Germany. German law enforcement and tax authorities raided the offices today, reportedly over suspicions of tax evasion and money laundering. (Photo by Thomas Lohnes/Getty Images)
Photographer: Thomas Lohnes/Getty Images Europe

ドイツ財務省はドイツ銀行とコメルツ銀行との合併を「調整する」ことに前向きな姿勢だ。ドイツ誌フォークスが報じた。

  同誌が情報源を明かさずに伝えたところによると、さまざまなシナリオが協議されており、独政府が約5年間ドイツ銀の筆頭株主になった後で両行を合併させる案も含まれる。また、ドイツ銀がコメルツ銀を買収するため事業会社から資金を集める可能性もある。さらに、両行の株式を保有する持ち株会社の創設も財務省で話し合われている別の選択肢だという。

  財務省とドイツ銀、コメルツ銀の担当者はいずれもコメントを控えた。

原題:Germany Willing to Merge Deutsche Bank, Commerzbank, Focus Says(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE