英首相が離脱案採決延期を10日発表も、EU首脳と土壇場協議か-英紙

  • メイ首相は土壇場でEU首脳らの説得を試みる意向だとタイムズ紙
  • 一部の閣僚らが新たな国民投票の準備に既に着手していると同紙

メイ英首相は、欧州連合(EU)が先に決定した英国との離脱合意案について、EUが13、14日に開く首脳会議で条件の緩和に応じるよう土壇場での説得を試みる意向であり、議会承認のための11日の英下院での採決延期を10日に発表する可能性がある。一部の首相の側近や閣僚らの見通しを引用し、英紙サンデー・タイムズが報じた。

  採決の形勢はメイ首相にとって不利であり、EU当局者らが「プランB」は存在しないと繰り返し述べる状況で、首相には打つ手が残されていない可能性がある。首相により忠実な閣僚らは新たな国民投票の準備に既に着手しているとタイムズ紙は伝えた。

  インディペンデント紙によれば、首相官邸の報道官は「採決は11日に行われる予定だ」と述べ、延期の観測を否定した。

メイ英首相

写真家:Jasper Juinen / Bloomberg

原題:Theresa May Mulls Announcement on Brexit Vote Delay: Times (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE