Photographer: Chris J. Ratcliffe/Bloomberg

ポンドは安過ぎ、ビッグマックが示す-メイ首相案否決でも下がらず

  • 75票以上の差で敗れない限りポンドは下がらないとバークレイズ
  • ポンドは円に次いで最も過小評価-ビッグマック指数
Photographer: Chris J. Ratcliffe/Bloomberg

ポンドは歴史的な安値水準にあり、議会採決でメイ首相の欧州連合(EU)離脱案が否決されても大きく下落することはないだろうと、ストラテジストらはみている。

メイ首相

フォトグラファー:Simon Dawson / Bloomberg

  ポンドは2016年5月の国民投票でEU離脱が決まって以来、15%下落。適正価格についてのさまざまな指標で大半のG10通貨を下回っている。メイ首相のEU離脱案は12月11日の採決で否決される見込みだが、ある程度の失望は既に織り込まれているためポンドが大きく下落する公算は小さいと、ストラテジストらはみている。

  マービン・バース氏らバークレイズのストラテジストはリポートで、「11日の採決で離脱協定が比較的大きな差で否決されることを為替市場は織り込んでいるようだ」とし、75票以上の差で敗れない限りポンドは下がらないとの見通しを示した。

  マクドナルドのハンバーガー「ビッグマック」の値段に基づくポンドと他通貨との購買力比較は以下の通り。この指標に基づくとポンドは円に次いで最も過小評価されている通貨だ。

Brexit Beef

Big Mac index shows British pound one of most undervalued G-10 currencies

Low Returns

The pound is one of the worst G-10 performers versus the dollar

原題:Big Macs Show Pound Too Cheap to Plunge on Brexit Deal Rejection(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE