米ウーバーがIPO申請-当局に書類提出と関係者

配車サービスの米ウーバー・テクノロジーズは今週、当局に新規株式公開(IPO)を申請する書類を提出した。事情に詳しい関係者1人が情報が非公開として匿名を条件に明らかにした。

  同社のIPOは来年で最大規模となる可能性があるほか、過去上位5位以内に入ることが見込まれる。銀行関係者はウーバーに対し、IPOで企業価値が1200億ドル(約13兆5000億円)と評価される可能性があると伝えたと、事情に詳しい関係者が以前明らかにしていた。

  ウーバーのIPO申請については米紙ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)が報じていた。

ダラ・コスロシャヒCEO

David Paul Morris / Bloomberg

原題:Uber Is Said to File Confidentially for Initial Public Offering(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE