コンテンツにスキップする

独与党CDU、首相側近のクランプカレンバウアー氏を党首に選出

ドイツ与党・キリスト教民主同盟(CDU)は7日の党大会で行った次期党首選で、メルケル首相の側近でもあるクランプカレンバウアー幹事長を選出した。首相にとっては厳しい一年となった今年の最後に、ようやく望ましい結果を手にした。メルケル氏が4期目の首相任期を全うする可能性は一段と高まった。

CDU Party Vote For Merkel's Successor

CDU新党首に選出されたクランプカレンバウアー幹事長とメルケル首相(7日)

Bloomberg

  党首選はクランプカレンバウアー幹事長とメルケル首相のかつての政敵で米ブラックロックのフリードリヒ・メルツ氏との決選投票に持ち込まれ、517対482でクランプカレンバウアー氏が勝利した。CDUの女性党首はメルケル氏に次いで2人目となる。

  メルケル首相が10月に表明した通り2021年に4期目を終えて退任すると、クランプカレンバウアー幹事長が首相候補として最も有力な位置につける。

原題:Merkel Notches Victory With Ally’s Ascent to Head Her CDU Party(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE