トランプ米大統領、貿易戦争に敗色濃厚-関税の逆効果示すデータ続く

  • 米貿易赤字、通年で過去最大へ-トランプ氏就任後1000億ドル増加
  • 米国の対中関税、中国の報復措置ほど効果的でないとの分析も

トランプ大統領は米国の貿易赤字を巡り戦線を拡大させているが、敗色が濃くなりつつある。大統領が導入した関税が、少なくともその原因の一端であるという証拠が増えているためだ。

  米商務省が6日発表した貿易収支統計によると、10月の財とサービスを合わせた貿易赤字は10年ぶりの高水準で、1-10月の累計は前年同期比で11%余り拡大した。10月は対中国で過去最大の赤字を記録。この勢いが続けば、米国の通年の貿易赤字は史上初めて6000億ドル(約67兆7000億円)に達する。トランプ氏が大統領に就任した2017年1月から、1000億ドル以上増加することになる。

  トランプ氏の貿易赤字削減計画には、経済の法則が立ちはだかる。例えば、トランプ氏は新たな関税を相次ぎ打ち出したが、それが中国製輸入品の駆け込み需要を生んだ。中国の報復の対象となった大豆など米国からの輸出品にも駆け込みは起こった。しかし、長期的なデータはトランプ氏の基準の下で中国の勝利と解釈できるような傾向を示し始めている。

  米商務省の統計によると、1-10月の米国の対中輸出額は1025億ドルで、前年同期に比べ約10億ドル減少した。これに対し、中国からの輸入額は約350億ドル増の4470億ドルだった。

  オックスフォード・エコノミクスのエコノミストらは6日付のリポートで、米中首脳会談で中国側が米国からの輸入を増やすことに合意した後も、全般的なトレンドが大きく変わるとは考えにくいとの見方を示し、世界的な景気減速もあり米国の「輸出の伸びは弱まり続けると見込んでいる」と記述した。

  中国に対して米国が課した関税は、中国の報復措置ほど効果的ではないことを示唆する分析もある。トランプ氏の関税に反対する実業界と農業界のロビーグループの連合「タリフ・ハート・ザ・ハートランド」の分析によると、米国の関税対象とされた品目の輸入は9月まで増加を続けた。これに対し、中国や欧州連合(EU)、その他の貿易相手国による報復関税の対象となった品目の米国輸出は同期間で26%余り減少した。

原題:Trump Is Losing the Trade War by One of His Own Metrics(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE