日産:ブレーキ検査など新たな不正発覚、約15万台をリコールへ

更新日時
  • 追浜工場とオートワークス京都での完成車検査で不正
  • 「リーフ」や「ノート」など11車種のリコールを13日に届け出へ

日産自動車は7日、出荷前の完成車検査で新たな不正が見つかったと発表した。約15万台を対象にリコール(無料の回収・修理)を実施する。昨年来続く一連の検査不正の問題は4回目となる。再発防止策を9月にまとめたばかりだが、前会長のカルロス・ゴーン容疑者が逮捕されるという事態の中、不正に歯止めがかからない事態となっている。

日産自動車本社

Photographer: Akio Kon/Bloomberg

  新たな不正は追浜工場(神奈川県横須賀市)や子会社オートワークス京都の工場(京都府宇治市)の完成車検査においてブレーキやステアリングなどの6項目で見つかった。リコール対象は2017年11月7日から18年10月25日までに製造された「リーフ」や「ノート」など計11車種。

  13日に国土交通省にリコールを届け出る予定。昨年来の一連の検査不正問題におけるリコールの合計台数は129万台超となる。同日、横浜市内の本社で会見した本田聖二常務執行役員は「一連の問題で皆様をお騒がせしていることに対して改めて深くお詫び申し上げる」と謝罪した。

  本田氏はゴーン前会長が進めたコスト削減と検査不正との因果関係を問われ、「直接的に結びついているかの検証はできていない」としたが、主力拠点の追浜工場の検査設備は老朽化し、「もう少し早く設備投資しても良かった」と説明。「コンプライアンスとコスト目標の達成が同列に見られていたと反省する」と述べた。

  日産の不正をめぐっては昨年9月、無資格の作業員が新車の完成検査を行っていたことが判明。今年7月には排ガスや燃費測定の検査でも不正行為を行っていたことが発覚している。さらに9月には排ガス、燃費以外にも検査の不実施などが行われていたことも分かった。

  9月に再発防止策をまとめた際の会見で山内康裕チーフ・コンペティティブ・オフィサー(CCO)は検査不正について「膿は出し切った。二度と起こさないことをいかに継続させるかがポイント」と述べていた。

(会見の内容を追加します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE