英首相:11日の採決延期検討、敗北した場合の危機回避でー関係者

更新日時
  • 「大敗では意味ない」と保守党有力議員、延期を公然と提案
  • メイ首相、EUへの再協議要請や英議会の発言余地拡大も協議

メイ英首相が欧州連合(EU)と合意した離脱案を巡り、下院の承認採決が11日に迫っているが、首相はここにきて採決の延期を検討している。採決で大敗を喫して、同国が深刻な政治危機に直面するリスクを回避するのが狙いだ。

  大敗が予想される状況で、メイ首相は自分に近い与党・保守党議員からも採決延期を強く求められている。否決なら合意なきEU離脱に追い込まれる恐れが生じるばかりでなく、首相追い落としの動きが再燃し、場合によっては総選挙の引き金になることもあり得る。

  事情に詳しい関係者1人によれば、メイ首相は選択肢を協議するため、6日に主要閣僚と会談した。採決延期のほか、再協議による離脱合意案の修正をEUに求めることや、アイルランド国境に関する最も異論の多い条項を巡り英議会の発言余地を拡大することが選択肢にあったという。

  与党保守党で影響力の大きい保守党議員委員会(1922年委員会)のブレイディ委員長は、首相が6日に幹部議員と会合を開いた後に行われたスカイニューズとのインタビューで、下院採決の延期を公然と提案。「首相にさらに数日を与えることに下院として異存はないと確信している。採決を強行し、大敗しては意味がないと思う」と語った。

  英デイリ ー・テレグラフ紙によると、この会合ではスミス下院院内幹事長が採決結果は否決の見通しだと報告。不満を募らせたラッド雇用・年金相が首相に対し、「いったい、どうしたいのか」と詰め寄る場面もあったという。

  一方、ハンコック保健相は7日、BBCラジオ4のインタビューで、11日の採決は延期されるべきかとの問いに対して、「それはない。政府は採決を延期しないと非常に明確に示してきた。採決での勝利を信じている」と述べ、「予断を持つべきではない」と話した。

  さらに同保健相はメイ首相の離脱案は英国にとって最良の内容であり、「それ以外の具体的な選択肢で過半数の支持を得ているものはない」と言明した。

  

原題:May Is Said to Weigh Delay to Brexit Vote to Break Deadlock (1)(抜粋)

(リードを書き換え、第5段落以降に情報を追加します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE