華為CFO逮捕を手配の米政権、対中貿易協議へのリスク認識も断行

  • 米中首脳の夕食会は孟CFO逮捕とほぼ同じタイミングだった
  • ホワイトハウスは大統領が逮捕を事前に把握していなかったと説明

トランプ米政権はカナダ政府に要請する形で、華為技術(ファーウェイ・テクノロジーズ)の最高財務責任者(CFO)逮捕を手配した。中国との貿易協議に打撃を及ぼす可能性を認識していたが、米国の法律に違反した疑いのある中国企業に厳しく対処する姿勢を示そうとした。

  華為CFO逮捕のタイミングは、米中貿易摩擦を協議するためのブエノスアイレスでのトランプ大統領と中国の習近平国家主席の夕食会とほぼ重なった。

中国の習近平国家主席(左)、トランプ大統領と米代表団のメンバー(ブエノスアイレス、12月1日)

フォトグラファー:Saul Loeb / AFP via Getty Images

  ボルトン米大統領補佐官(国家安全保障担当)は華為の孟晩舟CFOを逮捕する計画を、習主席との夕食会にトランプ大統領と同席する前の時点で知っていたと、ナショナル・パブリック・ラジオ(NPR)に明らかにした。ボルトン氏のインタビュー後、ホワイトハウス当局者はトランプ大統領が逮捕を事前に把握していなかったと説明し、今回の動きから大統領の切り離しを図った。

  しかし、孟CFOを逮捕する計画は、トランプ大統領が習主席との夕食会に備えていた時には十分進行していた。中国当局が孟CFO逮捕と米国への引き渡しの可能性を知った今、両首脳の合意は崩壊する危険も考えられる。

孟晩舟CFO

写真家:Maxim Shipenkov / EPA

  孟CFOに対する今回の動きのタイミングは偶然であり、1日にカナダに入国した同CFOの旅程に左右されたと、事情に詳しい関係者1人が明らかにした。ただ、ホワイトハウスは行動を延期したり阻止したりはしなかった。

原題:Huawei CFO Arrest Pursued by U.S. Despite Risk to Xi Trade Talks(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE