アップルの目標株価下げ、市場は予想下方修正へ

An employee picks up an iPhone 7 Plus smartphone .

Photographer: John Taggart
Photographer: John Taggart

アップルが2019年第1四半期に出荷する「iPhone(アイフォーン)」台数について、アナリスト予想の下方修正が続く可能性は高いと、ローゼンブラットのジュン・チャン氏がリポートで指摘。同氏はアップルの目標株価を市場で最も低い165ドルに引き下げた。従来は200ドル。6日の米株式市場でアップル株は下落。

  • ローゼンブラットは1-3月期の生産台数、出荷台数ともに約3900万台と予想-これは市場のコンセンサス予想の下限
  • 10-12月期と1-3月期のアイフォーン生産は安定が続くと予想
    • ホリデーシーズンの「X」と「XR」販売台数は「XS」、「XS Max」と同様になると見込まれる-小売店や通信会社の販促で
  • ホリデーシーズン後はXRとXSの生産が若干減少すると予想

原題:Apple Estimates Need to Drop, Rosenblatt Says as It Slashes PT(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE