コンテンツにスキップする

米シティ:通期目標達成は困難、相場変動がトレーディング収入圧迫

  • ガースパッチCFOがゴールドマン主催の会議で明らかにした
  • 10-12月期の債券トレーディング収入が減少する見通し

シティグループは、今年の収益率目標の達成は困難との見通しを明らかにした。市場のボラティリティーが10-12月(第4四半期)のトレーディング収入を圧迫しているという。

Citigroup Chief Financial Officer John Gerspach

ジョン・ガースパッチCFO

出典:Bloomberg経由のシティグループ

  ジョン・ガースパッチ最高財務責任者(CFO)は5日、ゴールドマン・サックス・グループ主催の会議で、G10金利トレーディング業務の低迷で10-12月期の債券トレーディング収入が減少するとの見通しを示した。投資銀行部門も投資適格債引き受けの減少と株式発行の減速で圧迫されているという。

  この結果、1ドルの収入を得るためにかかるコストの指標である効率性比率について、目標である約57.3%は達成できない見通しとなった。同比率を今年100ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)押し下げることを目指していたが、90bp程度の低下にとどまるもようだという。

原題:Citigroup’s CFO Warns Volatility Could Hinder 2018 Targets (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE