コンテンツにスキップする

コメルツ銀、法人顧客部門トップなど最高幹部2人が退職へ

  • ロイター氏は来年9月末の任期満了に伴い退職すると表明
  • アヌシャイトCOOは今年末で退任-健康上の理由で
Commerzbank AG logos .

Commerzbank AG logos .

Photographer: Alex Kraus/Bloomberg
Commerzbank AG logos .
Photographer: Alex Kraus/Bloomberg

ドイツのコメルツ銀行は競争激化と低金利で苦戦する中、主力の法人顧客向け部門の新たな責任者を探している。

  5日の発表によれば、同部門を率いるミヒャエル・ロイター氏が来年9月末の任期満了に伴い退職するほか、フランク・アヌシャイト最高執行責任者(COO)は今年末で退任する。

  7-9月(第3四半期)の法人顧客部門の収入は一時項目調整後ベースで5.8%減少。コメルツ銀は先月、2020年の収入目標を恐らく達成できないとの見通しを示した。株価は年初来で41%下落している。

  ロイター氏は自身のキャリアの新たな章をスタートさせたいと説明。アヌシャイト氏の退任は健康上の理由によるものだという。同行によれば、ヨルク・ヘッセンミュラー氏が来年1月1日付でCOO職を引き継ぐ。
  

原題:Commerzbank Losing Top Executives as Corporate Unit Struggles(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE