ブッシュ元米大統領の国葬、「最高の父」と長男ブッシュ氏が追悼

ワシントンで5日、米国の第41代大統領、ジョージ・ハーバート・ ウォーカー・ブッシュ元大統領の国葬が厳かに行われた。長男で第43代大統領のジョージ・W・ブッシュ元大統領は、弔辞の最後に「息子や娘にとって最高の父親だった」と、こみ上げる涙をこらえながら父をたたえた。

父のひつぎを前に弔辞を読むジョージ・W・ブッシュ元大統領

Alex Brandon / Pool via Bloomberg

  長男のブッシュ氏は星条旗に覆われた父のひつぎを指で2回コツコツとたたいてから、ワシントン大聖堂の祭壇に立った。「誠実に公務を行い、勇気のあるリーダーとなり、国民への愛をもって行動する大統領になるとはどういうことか、父は私に示してくれた」と、追悼の辞を述べた。

  葬儀にはトランプ大統領や、民主党のオバマ、クリントン、カーター元大統領も参列。トランプ大統領に弔辞の依頼はなかった。

(前列向かって左から)トランプ大統領、メラニア大統領夫人、オバマ前大統領、ミシェル前大統領夫人、クリントン元大統領、ヒラリー・クリントン元国務長官

Andrew Harrer / Bloomberg

  メラニア夫人と共に参列したトランプ大統領は、オバマ前大統領およびミシェル夫人と握手したが、クリントン夫妻とカーター夫妻へのあいさつはなかった。喪主のジョージ・W・ブッシュ氏は、トランプ大統領のほか参列した歴代大統領全員にあいさつした。ポケットから何か小さな物を取り出してミシェル夫人に手渡すと、夫人から笑みがこぼれた。

米国議会に置かれた故ブッシュ元大統領のひつぎ(3日)

Jabin Botsford / Pool via Bloomberg

原題:George W. Bush Eulogizes ‘Best Father’ at Solemn State Funeral(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE