コンテンツにスキップする

ゴールドマン、ポンドと英利回り上昇予想-EU離脱協定、年明け可決へ

  • 離脱協定が議会を通過すればポンドは5%高の可能性も-コール氏
  • 11日の投票では否決、年明けに最終通過するというのが基本シナリオ

米ゴールドマン・サックス・グループは、英国の欧州連合(EU)離脱協定がいったん否決後に最終的に議会を通過するという同社の基本シナリオ通りとなった場合、ポンドと英国債利回りの両方が上昇するとみている。

  ゴールドマンは、英議会で11日行われる採決ではメイ英首相がまとめた離脱協定が否決され、ポンドはいったん、1~2%下げるとみている。ただ、年明け1月上旬に何らかの取り決めが可決され、ポンドは対ドルで5%程度値上がりして1ポンド=1.34ドルをつけ、英国債利回りは現在の水準から25ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)上昇すると予想する。

Sterling could rise to $1.34 on Brexit deal passing, Goldman says

  ストラテジストのジョージ・コール氏はリポートで、「最初の採決は失敗に終わると予想している。ただ最終的には現在の離脱協定か、多少異なるが同種の取り決めが英議会を通過し、英ポンドと英国債利回りを押し上げる」と分析。「『合意なき』離脱の可能性はかなり低い。しかしそれが政府に与える政治的リスクが、ボラティリティーや採決失敗後に予想されるポンド下振れ余地の主な要因になっている」と指摘した。

原題:Goldman Backs Pound Rally and Higher Bond Yields on Brexit Deal(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE