12月5日の海外株式・債券・為替・商品市場-米株・債券は休場

更新日時

欧米市場の株式、債券、為替、商品相場は次の通り。

◎米国株・国債・商品:原油安、減産に不透明感-株と債券は休場

  5日の米金融市場では、原油が反落。主要産油国の協議が供給制限の規模についての合意なく終わったことから、日中はもみ合いとなった。金も反落した。この日はジョージ・H・W・ブッシュ元大統領の国葬が行われた「国民追悼の日」で、米株式市場と債券現物市場は休場だった。

  • NY原油は反落、OPECプラスが削減規模で合意ないまま終了
  • NY金先物は反落、1オンス=1242.60ドルで終了
  •   ニューヨーク原油相場は反落。石油輸出国機構(OPEC)と非加盟主要産油国で構成する「OPECプラス」は原油生産の削減を提言したものの、どの規模の供給削減が適切かについての合意はなかった。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)先物1月限は36セント(0.7%)安の1バレル=52.89ドルで終了。ロンドンICEの北海ブレント2月限は52セント安の61.56ドルで終えた。

      ニューヨーク金先物相場は続伸。ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物2月限は0.3%安の1オンス=1242.60ドルで終えた。金スポット相場は0.1%安の1オンス=1236.69ドル。

      OPECプラスの会合終了後、オマーンのルムヒ石油・ガス相は、1月からの6カ月間の生産抑制に参加することでロシアの同意を取り付けたと述べた。ある加盟国の代表によれば、合計で日量100万バレル未満の削減でも需給を均衡させるのには十分だと、一部の国は考えている。

      BNPパリバの商品市場戦略部門責任者、ハリー・チリンギリアン氏は、「合意に至った場合の大きな問題は、どれだけの量を市場に向けて発表するかだ。OPECプラス全加盟国の相互利益であるため、合意は成立すると考えている」と話した。
    原題:Oil Dips as Vague OPEC+ Production Agreement Lacks Firm Numbers(抜粋)
    Gold Gets Leapfrogged as Palladium Extends Rally to Record Again

    ◎NY外為:ドルが上昇-米中通商合意への楽観で円は安い

      5日のニューヨーク外国為替市場ではドルが上昇。カナダ銀行(中央銀行)の政策金利据え置きやハト派寄りの声明を受けてカナダ・ドルに対して大きく上げたほか、対円でも上昇した。

      ブルームバーグのドル指数は一時0.3%上昇と、今週最大の上げ。一方でカナダ・ドルは主要10通貨の大半に対して値下がりした。この日は米国の金融市場が休場だったことから、ドル・円相場は企業による取引やクロス取引が影響した。

      クロス円も上昇。トランプ大統領が中国との通商協議を経て同国から「とても強いシグナル」が送られているとツイートしたことを手掛かりに、米中間の合意を巡って楽観が広がった。

      ニューヨーク時間午後4時48分現在、主要10通貨に対するドルの動きを示すブルームバーグ・ドル・スポット指数は前日比0.2%上昇。ドルは対円で0.4%高の1ドル=113円18銭。ユーロは対ドルでほぼ変わらずの1ユーロ=1.1344ドル。ユーロは対円では0.4%上げて1ユーロ=128円40銭。

      カナダ中銀は国内エネルギー業界について、当初予想より軟化する恐れがあるほか、インフレを伴わずに成長するさらなる余地が存在する可能性を指摘した。

    欧州時間の取引

      欧州時間にはドルが小幅高。一方でユーロには下押し圧力がかかった。11月のユーロ圏総合購買担当者指数(PMI)改定値は52.7と、10月の53.1から低下した。これは2016年9月以来の低水準。
    原題:Dollar Gains as Dovish BOC Drags Loonie to 2018 Low: Inside G-10(抜粋)
    Pound Relief Rebound Unfolds Despite Soft PMI Print: Inside G-10

    ◎欧州債:ドイツ債中心に下落、英国債も安い-イタリア債は上昇

      5日の欧州債市場ではドイツ債を中心に下落したが、イタリア債は上昇した。英国債も下落。同国は6日に30年債入札を行う。

    • イタリア2年債利回りは13ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)下げた場面もあった。11月のサービス業PMI統計が上昇し、市場予想を上回ったことが手掛かりとなり、同国の株価指標FTSE・MIB指数は一時下げを埋めた。10年債利回りのドイツ債に対するスプレッドは9bp縮小して280bp
    • 市場はイングランド銀行による次回25bpの利上げ時期を2020年3月と織り込んでいる。これまでは同年5月だった
    • ドイツ10年債利回りは1bp上昇して0.27%。フランス10年債利回りは1bp上げて0.67%、イタリア10年債利回りは8bp下げて3.08%
    • ユーロ参加国の国債利回りとスプレッドの一覧はこちらをクリックしてください

    原題:Italian Bonds Rally, Bunds Lead EGB Drop; End-of-Day Curves(抜粋)

    (商品とNY外為を更新します.)
      最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
      LEARN MORE