コンテンツにスキップする

米トール株下落-受注が14年以来の減少、高級住宅市場の冷え込み示唆

  • 一時10%下落、その後は上昇する場面も-値動き大きく
  • 8-10月期の純利益は62%増-アナリスト予想を上回る
relates to 米トール株下落-受注が14年以来の減少、高級住宅市場の冷え込み示唆

高級住宅建設を手掛ける米トール・ブラザーズの株価が4日の米株式市場で、一時10%安となった。その後持ち直し前日比で上昇する場面もあったが、結局1.6%安で終了するなど値動きが大きかった。8ー10月(第4四半期)の受注が2014年以来の前年割れと、カリフォルニア州での需要が大きく落ち込込み、高級市場が冷え込みつつある兆しが示された。

  トールが同日発表した8-10月期決算によれば、受注は前年同期比13%減。アナリストの予想平均は5%増だった。外国人の需要低迷などでカリフォルニアでは受注が39%減った。

  純利益は62%増の3億1100万ドル(約351億円、1株当たり2.08ドル)と、ブルームバーグ調査での最も強気なアナリスト予想を上回った。

原題:Toll Brothers Leads Homebuilders on Wild Ride as Orders Fall (2)(抜粋)
Toll Brothers Slumps Most Since May After Home Orders Plunge (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE