コンテンツにスキップする

米クアルコム、5G対応「スナップドラゴン855」を発表

  • 新たなシステムオンチップは5G対応スマホに搭載される
  • 今後数カ月で市場には5G対応の旗艦スマホが出てくるとアモン社長
A Qualcomm Inc. baseband processor sits inside a smartphone sold as an Apple Inc. iPhone 4S in an arranged photograph in Hong Kong, China.
A Qualcomm Inc. baseband processor sits inside a smartphone sold as an Apple Inc. iPhone 4S in an arranged photograph in Hong Kong, China.

Photographer: Brent Lewin/Bloomberg

A Qualcomm Inc. baseband processor sits inside a smartphone sold as an Apple Inc. iPhone 4S in an arranged photograph in Hong Kong, China.

Photographer: Brent Lewin/Bloomberg

半導体メーカーの米クアルコムは4日、来年初めて投入される次世代移動通信「5G」対応スマートフォン向けの新たなSoC(システムオンチップ)を発表した。

  「スナップドラゴン855」はプロセッサやモデムから成るチップセット。スナップドラゴンシリーズはスマホのほとんどの機種に搭載されてきた旗艦製品だ。

  クアルコムのクリスティアーノ・アモン社長はハワイのマウイ島での同社のイベントで、「向こう数カ月で市場には5G対応の旗艦スマホが出てくるだろう」と述べた上で、「この変遷は3Gや4Gで経験したものよりはるかに大きくなる」と指摘した。

  クアルコムの4日の株価終値は2.4%安の57.73ドル。

原題:Qualcomm Unveils New Chips to Fire Up Race to 5G Services (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE