先月までは想像できなかった2020年米利下げ観測、債券市場に浮上

  • 株式相場急落受けたリスク回避で米国債相場は長期債を中心に急伸
  • 2年債と10年債スプレッドは10bp割れ-07年以降で最も小幅
The Marriner S. Eccles Federal Reserve building stands in Washington, D.C. Photographer: Andrew Harrer/Bloomberg
Photographer: Andrew Harrer/Bloomberg

株価急落でリスク回避姿勢が強まる中、米国債相場は急伸し、トレーダーの間では米連邦準備制度が早ければ2020年に利下げするとの観測が浮上し始めた。

  連邦準備制度理事会(FRB)のトップらが経済成長への世界的な逆風に警鐘を鳴らし、政策の進路変更の可能性に道を開いて以来、トレーダーは予想される利上げペースを下方修正しており、その動きは4日に加速した。スワップ市場は利上げサイクルがピークに達する時期の予想を、当局の予測では金融引き締めがまだ継続中とされている19年末か20年初めに前倒しする形で修正した。

  市場の見方の変化は今週に入り加速している。4日には2年債と10年債の利回り格差(スプレッド)が07年以降で最も逆イールドに接近した。トランプ米大統領と習近平中国国家主席の週末の会談後に発表された関税合意を巡る懐疑論が広がって株価が急落し、リスク回避から米国債需要が高まった。ブリークリー・ファイナンシャル・グループのピーター・ブックバー最高投資責任者(CIO)は「今回の動きで最も印象的な点は、わずか2日間での振幅の大きさであり、米中首脳の友好的会談の直後の突然の事態の急展開であることだ」と指摘した。

  20年の利下げがトレーダーの視野に入ってきた一方、今月に続き来年にかけても米利上げが見込まれていることで利回り曲線はフラット化し、一部は既に長短金利が逆転した。10年債利回りは4日に9月以来初めて2.9%を下回り、2年債と10年債のスプレッドは10ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)を割り込んだ。これは2年債、10年債の間で長短金利の逆転が生じた07年以降で最も小幅。スワップ市場では20年の初めごろに米利上げが終了した後、同年半ばまでに少なくとも5bpの利下げが織り込まれつつある。

原題:2020 Rate Cuts, Unimaginable Last Month, Show Up in Bond Market(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE