コンテンツにスキップする

米政府、独自動車メーカーに米国内での増産を期待-ロス商務長官

米政府はドイツに対する自動車関連の貿易赤字削減を目指し、独自動車メーカーに米国での増産を期待している。ロス米商務長官が4日、ワシントンで行われる自動車メーカー幹部との会合前に述べた。

  米国の対欧州貿易赤字は650億ドル(約7兆3400億円)。このうち約300億ドルをドイツの自動車・同部品が占めている。ロス長官は米経済専門局のCNBCに対し、「できれば米国内での生産を増やし」、自動車の貿易赤字を削減することが目標だと述べた。

  非公開情報を理由に匿名で話した関係者らによると、米政府からの要請に応じて会合に出席するのは、フォルクスワーゲン(VW)のヘルベルト・ディース最高経営責任者(CEO)とダイムラーのディーター・ツェッチェCEO、BMWのニコラス・ペーター最高財務責任者(CFO)。

  ロス長官はCNBCのインタビューで、自動車メーカーによる電気自動車開発への投資を指摘し、米国でそうした自動車の生産を促すことが「大きな目標の一つだ」と述べた。
  
原題:White House Seeks More German Auto Production in U.S., Ross Says(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE