コンテンツにスキップする

「無能」なメイ英政権、離脱合意は「世界最悪」-キング前中銀総裁が酷評

イングランド銀行(英中央銀行)のキング前総裁は、メイ首相がまとめた欧州連合(EU)離脱合意は「世界最悪」だとして、メイ政権を「高次の無能」だと酷評した。

Former Bank of England Governor Mervyn King Interview

イングランド銀行のキング前総裁

Photographer: Chris Ratcliffe/Bloomberg

  キング氏はブルームバーグ・オピニオンに寄稿したコラムで、メイ首相のEU離脱案に反対票を投じるよう議員らに呼び掛け、イングランド銀が提示した経済見通しについても異議を唱えた。

  「メイ首相の合意が否決されない場合、最終的にはこの合意を一方的に破棄するしかなくなるだろう。英国の信用や地位が深く傷ついても仕方がない」とし、「属国となっておとなしく心地よい夜に身を任せてはいけない。怒りを燃やすのだ」と論じた。

  現在は上院議員を務めるキング氏は、「EUに390億ポンド(約5兆6100億円)をくれてやりながら、無期限に英国に法を押しつける権利を認め、この隷属関係の終了に拒否権を与える合意に、政府が支持を取り付けようと必死になっているとは全く信じがたい」と続けた。

原題:Mervyn King Slams Brexit Deal Decrying May’s ‘Incompetence’(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE