中国、知財権侵害巡り新たな罰則発表-債券発行禁止など

Photographer: AFP Contributor/AFP
Photographer: AFP Contributor/AFP

中国は知的財産権の侵害に対する新たな罰則を発表した。米中間では知財権侵害が主な争点の一つとなっており、習近平国家主席は最近、米国の「妥当な懸念」に対処すると表明していた。

  中国政府は知財権侵害に関して適用される合計38の罰則を発表。適用は12月から開始する。罰則に関する文書は国家発展改革委員会(発改委)が発表し、中国人民銀行(中央銀行)や最高人民法院(最高裁)なども署名している。

主な罰則

違反した場合:

  • 債券発行や他の資金調達手段、政府調達への参加が禁じられる
  • 政府の金融支援へのアクセス、対外取引、会社登録、土地の入札や不動産取引が制限される
  • 違反者はリストに記録され、金融機関は融資や外国為替へのアクセス許可の際に参照できる

原題:China Announces New Punishments for Intellectual Property Theft(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE