コンテンツにスキップする

ポンド上昇、EU離脱プロセスが反転可能との兆候を歓迎

  • リスボン条約50条発動を取り消す可能性は存続と法務官
  • EU司法裁判所法務官が意見書、「離脱協定の正式成立まで」可能

4日の外国為替市場でポンドは上昇。欧州連合(EU)の最高裁判所であるEU司法裁判所が、英国にEU離脱通知の撤回を認める判断を下す兆しが表れた。

  ポンドの上昇は4日ぶり。EU司法裁のマヌエル・カンポス・サンチェスボルドナ法務官はEU司法裁への意見書で、「離脱協定が正式に成立するまでは」、離脱の通知であるリスボン条約50条発動を取り消す「可能性は存在し続ける」との見解を示した。

  ポンドはロンドン時間午前10時28分現在0.7%高の1.2818ドル。対ユーロは0.3%高の1ユーロ=89.00ペンス。

Suggestion U.K. could revoke Brexit trigger boosts sterling

原題:Pound Rallies as Market Grabs Sign Brexit Process Is Reversible(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE