コンテンツにスキップする

トランプ米大統領:コーエン被告は司法取引でも実刑とすべきだ

  • コーエン被告は情報提供したとして判事に寛大な措置を要請
  • トランプ氏、証言を拒否するロジャー・ストーン氏の「度胸」を称賛

トランプ米大統領は3日にツイッターで元個人弁護士のマイケル・コーエン被告について、議会への偽証の罪で実刑とするべきであり、同被告の罪は「トランプには無関係だ」と指摘した。

  コーエン被告は11月30日、トランプ氏と同氏の会社に関してモラー特別検察官に情報提供したとして実刑は免れるべきだと主張し、判事に寛大な措置を求めていた。同被告はその前日、モラー特別検察官と司法取引で、トランプ・オーガニゼーションによるモスクワでの開発プロジェクトのスケジュールについて議会に偽証したことを認めていた。

  トランプ氏は先週のコーエン被告の司法取引以来、モラー特別検察官への批判を強めている。特別検察官が提出した書類によると、トランプ氏は2016年大統領選挙戦に突入後も同年6月まではロシアとのビジネス取引を継続していたことが司法取引で判明した。

  トランプ氏は3日、別のツイートで、自身の顧問を長年務めるロジャー・ストーン氏について、大統領に不利な証言を拒否する「度胸」を称賛した。

原題:Trump Says Cohen Deserves Prison Time Despite Mueller Plea Deal(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE