コンテンツにスキップする

米アポロ、アーコニック買収で最有力候補に浮上-関係者

  • 競合するPE投資家連合の提案を抑えてアポロの提案が選ばれた
  • 最終合意には達しておらず、協議が決裂する可能性もある

航空宇宙や建設向けアルミニウム製品メーカーである米アーコニックの非公開化に向け買収提案を行う企業の中で、米プライベートエクイティー(未公開株、PE)投資会社アポロ・グローバル・マネジメントが最有力候補に浮上と、事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。アーコニックの身売りを巡る動きは数カ月前から続いている。

  関係者が匿名を条件に語ったところによると、アポロが先週アーコニックに提示した最終案が、競合するPE投資家グループの提案を抑えて選ばれた。取引条件は現時点では不明。近く独占的交渉に入るもようだが、最終合意には達しておらず、協議は決裂する可能性もあるという。

  アーコニックの時価総額は3日時点で約104億ドル(約1兆1800億円)。ブルームバーグの集計データによると、債務を含めた企業価値は152億ドル。同社の株価は同日、0.2%高で終了した。

  取引には、現在アーコニック株10.7%を保有するエリオット・マネジメントが新会社でも保有を継続することが含まれる。関係する企業は、70人余りが死亡したロンドンの高層住宅グレンフェル・タワー火災に関連する負債を切り離せるような仕組みについて取り組んでいると関係者が語った。同高層住宅にはアーコニック製の建設資材が使用されていた。

  アポロ、アーコニック、エリオットの担当者はコメントを控えた。

Arconic has dropped sharply this year

原題:Apollo Is Said to Emerge as Leading Bidder for Arconic (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE