コンテンツにスキップする

日本勢はいずれも市場予想に届かず-11月の米自動車販売

Inside The 2018 North American International Auto Show
Photographer: Daniel Acker/Bloomberg
Inside The 2018 North American International Auto Show
Photographer: Daniel Acker/Bloomberg

11月の米自動車販売は、大手メーカーの大半で落ち込んだ。トヨタ自動車とホンダ、日産自動車はいずれもアナリスト予想平均を下回った。これら日本勢3社は米国の競合メーカーに比べて、セダンへの依存度が高い。

  トヨタの11月販売台数は前年同月比0.6%減少。市場予想は0.1%増だった。ホンダは同9.5%減、市場予想は5.9%減。日産自は同18.7%減、予想は15%減だった。ホンダの「フィット」やトヨタの「カムリ」、日産自「アルティマ」などが軒並み振るわなかった。

Car Collapse

Decline in sales for November compared with November 2017

Source: Company data

  一方、フィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)は前年同月比17%増と、アナリスト予想を上回る伸びを示し、他社と一線を画した。ピックアップトラック「ラム」が42%増と急伸。「チェロキー」や「ラングラー」、「コンパス」といったジープのスポーツタイプ多目的車(SUV)もそれぞれ20%以上増えた。

  フォード・モーターは7.1%減少。四半期ベースの公表に移行したゼネラル・モーターズ(GM)は1.4%増加したと、事情に詳しい関係者が明らかにした。

Mixed Month

原題:Killing Cars Pays: Fiat Chrysler Bucks Slowing U.S. Auto Market(抜粋)
 Toyota November U.S. Auto Sales Miss Estimates(抜粋)
 Honda Nov. U.S. Auto Sales Down 9.5%, Est. Down 5.9%(抜粋)
 Nissan November 2018 Sales Down 18.7%, Est. Down 15%(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE