コンテンツにスキップする

米中の90日間協議、率いるのはライトハイザーUSTR代表-ナバロ氏

米中の通商対立解決を目指す両国当局者による90日間の協議で、米国側を率いるのは通商代表部(USTR)のライトハイザー代表になる。ホワイトハウスのナバロ国家通商会議(NTC)委員長が明らかにした。

  ナバロ委員長は3日、ナショナル・パブリック・ラジオ(NPR)のインタビューでライトハイザー代表について、「USTR史上最もタフな交渉者であり、細部にわたって協議を詰めて関税と非関税障壁を引き下げ、市場アクセスを妨げているあらゆる構造的な慣行を終わらせるだろう」と述べた。

  ムニューシン米財務長官はこの後、CNBCに対し、最終的にはトランプ大統領が交渉責任者になると発言。米中首脳会談での合意について「非常に大きな進展だった。両チームには現在、取り組むべき課題が数多くある」と指摘。「両国首脳の間で合意が得られたのは初めてだ」と語った。

  同長官はまた、同チームは「包括的な」ものになるとして、ライトハイザー代表とナバロ委員長のほか、ムニューシン長官自身、ロス商務長官、クドロー米国家経済会議(NEC)委員長らが参加すると説明した。

原題:Lighthizer to Oversee U.S.-China Trade Talks, Navarro Says (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE