コンテンツにスキップする

クラリダFRB副議長:「パウエル・プット」は期待しないほうがよい

米連邦準備制度理事会(FRB)のクラリダ副議長は、金融当局は物価上昇率がインフレ目標の上下両方向に外れることがないよう取り組んでいると述べた。また、急激な相場下落に当局が歯止めをかけると期待するべきではないと投資家に促した。

  クラリダ氏はブルームバーグテレビジョンとのインタビューで、「パウエル・プット」と言われる概念について問われ、「今の当局の行動を表現する上で有益なやり方とは考えにくい」と答えた。

  同氏はまた、米金融当局が目標とする2%をわずかに上回るインフレ率は許容されるとの考えを示し、「2%前後を境に対称な目標を置いている」と発言。「2%は上限という意味ではない。過去に2%を下回ったことも、2%を上回ったこともあり、それはショック次第だ」と説明した。

  その上で、インフレが目標を上回るよりも下回らないようにすることの方に、ここ数年の当局の焦点は絞られていると付け加えた。

原題:Fed’s Clarida Says ‘Powell Put’ Not a Useful Policy Concept (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE