コンテンツにスキップする

逆イールド目前、米国債2年物・5年物スプレッド

2・5年債の利回りが逆転寸前

  米国債の2年物と5年物の利回り格差が先週、一時わずか2ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)となり、逆イールドが目前に迫った。ニューヨーク連銀がリセッション(景気後退)予想で重視する3カ月物と10年物の利回り格差も65bpと、10月末の82bpから縮小している。イールドカーブのどの部分がリセッション予言に役立つかは議論があるが、一部分が逆イールドになればそれ以外も追随するのは時間の問題だろう。

原題:One Part of the U.S. Treasury Curve Is About to Invert: Chart(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE