コンテンツにスキップする

中国人民元、2016年以来の大きな上げ-中国・香港株も上昇

更新日時
  • CSI300指数は2.8%高で終了-ZTEや輸出銘柄の上げ目立つ
  • 上海総合指数、2.6%上昇-香港ハンセン指数も2.6%値上がり

中国人民元は3日、対ドルで上昇し、2016年2月以来の大きな上げとなった。中国と香港の主要株価指数もこの日の取引を大幅高で終えた。ブエノスアイレスでの1日の米中首脳会談後、米国が2000億ドル(約22兆7000億円)相当の中国からの輸入品への追加関税率引き上げを90日間猶予すると発表したことが好感された。

  人民元は一時1.09%高の1ドル=6.8830元。中国本土株の指標CSI300指数は前週末比2.8%高。中興通訊(ZTE)や米中の通商関係改善で最も恩恵を受ける輸出銘柄の上げが目立った。

Chinese stocks jump after Xi-Trump talks

  モルガン・スタンレーのジョナサン・ガーナー氏らストラテジストチームはリポートで、「20カ国・地域(G20)首脳会合に合わせて行われた米中首脳会談の結果は市場予想よりも良かった」と指摘。「追加関税を90日間保留し協議を続けるとの合意はアップサイドサプライズ」と記した。

  上海総合指数は2.6%高の2654.80、深圳総合指数は3.3%上昇で終了。香港市場ではハンセン指数が2.6%値上がり、本土銘柄から成るハンセン中国企業株(H株)指数は2.5%上げて引けた。

原題:Yuan Jumps Most Since 2016, China Stocks Rally on Trade Relief(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE