コンテンツにスキップする

プーチン露大統領、OPECプラスの枠組み延長でサウジと合意

ロシアとサウジアラビアは、石油輸出国機構(OPEC)と非加盟主要産油国で構成する「OPECプラス」の枠組みを2019年も継続することで合意した。ただ両国は、新たな減産については正式に決定していない。

ARGENTINA-G20-SUMMIT

プーチン大統領とムハンマド皇太子(12月1日)

フォトグラファー:Mikhail Klimentyev / AFP via Getty Images

  プーチン大統領は1日、アルゼンチンでの20カ国・地域(G20)首脳会合に合わせてサウジのムハンマド皇太子と会談。会談後にOPECプラスの延長を発表した。

  プーチン氏はブエノスアイレスで記者団に対し、OPECプラスの延長について「生産量に関する最終決定はなされていないが、サウジアラビアと協力して実施する」とし、「いかなる生産量でも、それは共同決定に基づくものだ。われわれは市場の状況を注視し、迅速に反応する」と述べた。

原題:Putin Says Russia, Saudi Arabia Will Extend OPEC+ Oil Pact (3)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE