コンテンツにスキップする

ゴーン氏不在の日産自、米販売減少がニューノーマルとなる可能性も

  • 11月の米販売台数、アナリストは16%減少を予想
  • 自動車市場の軟調で、値引き路線との決別は複雑に
Pedestrians walk towards the Nissan Motor Co. headquarters in Yokohama, Japan.

Pedestrians walk towards the Nissan Motor Co. headquarters in Yokohama, Japan.

Photographer: Akio Kon/Bloomberg
Pedestrians walk towards the Nissan Motor Co. headquarters in Yokohama, Japan.
Photographer: Akio Kon/Bloomberg

長年のリーダーを失った日産自動車は、米自動車市場での存在感を弱めるかもしれない。販売は今年、苦しい状況が続いているが、11月も減少したとみられている。同社は今月、金融商品取引法違反容疑で逮捕されたカルロス・ゴーン容疑者を解任した。

  ブルームバーグニュースがまとめたアナリストの予想平均によると、日産自の米販売は11月に約16%減少した。予想通りとなった場合、4月以来の大幅減となる。

  ゴーン容疑者はかつて、米市場シェア10%達成を目標に掲げた。同社は目標を達成するために大幅な値引きを実施、利益性の低いレンタカー事業者向けの納車を増やした。日産自はこの戦略を転換する可能性を示しているが、オートトレーダーのアナリスト、ミシェル・クレブス氏は軟調な自動車市場において日産自は苦戦を強いられるとみる。

  北米日産のデニス・ルヴォット会長はロサンゼルスでの自動車ショーでインタビューに応じ、業者向け販売は今年約9万台減少すると述べた。オートモーティブ・ニュース・データ・センターによると、日産自の販売に対する在庫比率は11月1日時点で約68日間と、5月初旬の88日間から低下した。

Ghosn Toppled, Nissan Totters

Deliveries probably dropped while carmaker was ousting chairman

Source: Nissan statements, Bloomberg News analyst survey

原題:Nissan With No Ghosn May Portend New Normal of Lower U.S. Sales(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE