コンテンツにスキップする

OPECは10月水準から日量130万バレル減産を、経済委勧告-関係者

石油市場が2019年に供給超過になるのを避けるには、石油輸出国機構(OPEC)は減産する必要があると、OPEC経済委員会が指摘した。同委員会は加盟国閣僚に方針を勧告する役割を担っている。

  協議が非公開であることを理由に匿名で語った加盟国の代表によれば、同委は来年の需給均衡のため、今年10月時点の生産量から日量130万バレル削減しなければならないとの意見を閣僚らに伝えた。

  経済委の勧告は助言にすぎず、12月6日にウィーンで開催されるOPEC総会では異なる結論が導かれる可能性がある。ただ、石油市場が供給超過になっているという同委の分析は、OPECが減産に向けた準備を進めている可能性を示唆する。

原題:OPEC Advisory Committee Said to Recommend Oil Production Cut(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE