コンテンツにスキップする

マリオット、傘下スターウッドでハッキング被害-5億人の情報流出

ホテル運営会社マリオット・インターナショナルは、傘下のスターウッド部門で宿泊客の予約データベースに不正アクセスがあり、現在調査を進めていると明らかにした。

  今回の不正アクセスは規模の面だけでなく、ハッカーによって盗まれた恐れのある情報の内容という点でも問題だ。マリオットによれば、このハッキングにより宿泊客およそ5億人の情報が流出し、うち約3億2700万人に関してはパスポート番号や電子メール、住所も流出した。一部の宿泊客に関してはクレジットカードの詳細情報も含まれている可能性がある。

  マリオットの不正アクセスは、2013年に利用者30億人の個人情報が流失した米ヤフーの不正アクセス被害に次ぐ極めて大規模な情報流出となる可能性がある。

原題:Marriott Hit by Starwood Hack That Ranks Among Biggest Ever (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE