中国:製造業PMIが低下、16年7月以来の低水準-貿易摩擦響く

更新日時
  • 11月の製造業PMIは50.0、予想下回る
  • 非製造業PMIは53.4-10月は53.9だった

中国の製造業活動を測る政府の指数は11月も低下した。国内経済の減速を巡る懸念や貿易摩擦に関する先行き不透明感が浮き彫りとなった。

  国家統計局と中国物流購買連合会が30日発表した11月の製造業購買担当者指数(PMI)は50.0と、予想を下回り、2016年7月以来の低水準。同指数は50が活動の拡大と縮小の境目を示す。項目別指数の新規輸出受注は47.0と前月からやや上昇したものの、6カ月連続で活動縮小を示した。

  サービス業と建設業をカバーする非製造業PMIは11月に53.4。10月は53.9だった。

  調査会社トリビアム・チャイナの共同創業者、アンドルー・ポーク氏(北京在勤)は「景気支援策が奏功しておらず、民間セクターが引き続き苦戦している」と指摘。「それに加え、国内政策の見通しが不透明で、貿易摩擦の影響はまだそれほど表れていない。このため製造業者にとって楽観的になる理由はあまりない」と述べた。

原題:China Manufacturing, Services Worsen Again as Slowdown Persists(抜粋)

(コメントなどを追加して更新します。.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE