コンテンツにスキップする

ゲームストップ株下落、通期見通し下方修正で-年末商戦低調を示唆

  • 1部項目除く1株利益見通し最大2.75ドル-従来は最大3.35ドル
  • 株価は時間外取引で一時13%安の12.67ドル
Inside A GameStop Corp. Store Ahead Of Earnings Figures
Photographer: Luke Sharrett/Bloomberg
Inside A GameStop Corp. Store Ahead Of Earnings Figures
Photographer: Luke Sharrett/Bloomberg

ゲーム小売り世界最大手の米ゲームストップが通期の業績見通しを引き下げたことを受け、株価は時間外取引で下落。同社にとって年末商戦が厳しくなりそうなことを示唆している。

  • 同社は2019年1月期の1部項目を除く1株利益が最大2.75ドルになるとの見通しを示した。従来見通しは最大3.35ドルだった
  • 年末商戦の見通しに打撃を与える要因として、一部ゲームタイトルの不振や中古ゲームの売り上げ減少を挙げた
  • 同社はまた、新最高経営責任者(CEO)探しと戦略的選択肢の検討を同時に進める過渡期にある。同社は29日、身売りの可能性を巡り依然として第三者と協議していることを明らかにした。ただ、投資家は買収が近いとの期待を失いつつある
  • 株価は時間外取引で一時13%安の12.67ドル。年初から29日の通常取引終了まで18%下落していた

原題:GameStop Tumbles After Forecast Suggests Holidays Will Be Weak(抜粋)
GameStop FY Adjusted EPS View Misses Est.; Shares Fall 9% (抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE