コンテンツにスキップする

SMBC日興を主幹事除外、JR東に続き東電も-元社員逮捕受け

更新日時
  • JR東日本の財務担当者、今回の問題を受けて総合的に判断した
  • 11月社債・財投機関債引受でSMBC日興は年度初の月間首位
Pedestrians are reflected in the window of a Sumitomo Mitsui Banking Corp. branch, a unit of Sumitomo Mitsui Financial Group Inc in Tokyo.

Pedestrians are reflected in the window of a Sumitomo Mitsui Banking Corp. branch, a unit of Sumitomo Mitsui Financial Group Inc in Tokyo.

Photographer: Tomohiro Ohsumi/Bloomberg
Pedestrians are reflected in the window of a Sumitomo Mitsui Banking Corp. branch, a unit of Sumitomo Mitsui Financial Group Inc in Tokyo.
Photographer: Tomohiro Ohsumi/Bloomberg

起債を準備中のJR東日本と東京電力ホールディングスは30日、金融商品取引法違反の疑いで元社員が逮捕されたSMBC日興証券を主幹事から外した。

  JR東日本は社債主幹事からSMBC日興を外して三菱UFJモルガン・スタンレー証券のみにした。財務担当者は30日、今回の問題を受けて投資家への影響を含めて総合的に判断したと語った。SMBC日興広報部の澤田北斗氏は、関係者に迷惑をかけたとした上で「個別案件のコメントは控える」とした。東電HD子会社の東京電力パワーグリッドも社債主幹事からSMBC日興を除外した。東電PG広報担当者も、総合的に勘案して外したと述べた。

  社債や財投機関債の主幹事をめぐっては、長期国債先物での相場操縦が6月末に表面化した三菱モルが指名を外されたり指名されなかったことがあった。この件で三菱モルガンは引受実績に影響が出ていた。SMBC日興は11月の社債と財投機関債の引き受けで今年度初の月間首位になっている。

  SMBC日興は29日、上場株の取引での金商法違反(インサイダー取引)の疑いで元社員が大阪地検に逮捕されたと発表した。SMBC日興の清水喜彦社長は記者会見で「元社員の逮捕を大変重く受け止めている」と陳謝、「再発防止策や人事処分をしっかりとやる。その実行には責任を持ちたい」と述べていた。

(第2段落に東電が主幹事からSMBC日興を外したことを追加した更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE