コンテンツにスキップする

ツイッター株が下落-FOXの「沈黙の抗議」を材料視する声も

  • FOXニュースは11月8日以来ツイートしていない-ポリティコ
  • ツイッターへの「投資家の強気バイアス崩れた」-USグローバル
Twitter Posts First Real Profit, Sending Shares Soaring
Photographer: David Paul Morris/Bloomberg
Twitter Posts First Real Profit, Sending Shares Soaring
Photographer: David Paul Morris/Bloomberg

29日の米株式市場でツイッターは一時8.7%下落。出来高も膨らんだ。下げのきっかけとなった明白な材料は見当たらないが、1800万人余りのフォロワーを抱えるFOXニュースが11月8日以来、ツイートしていないと伝えたポリティコの記事を複数のトレーダーが挙げている。

  ツイッター未使用はFOX司会者の1人に対するハラスメントへのツイッターの対応に対する沈黙の抗議だとポリティコは指摘した。これについてはニューヨーク・マガジンも14日に伝えていた。

Shares fell sharply in Thursday trading

  ツイッター株は7月のピークから35%近く下落。年初来ではなお約30%高だが、月間ユーザー数の減少で7月下旬に急落した以降の4カ月間はほぼレンジ内の動きとなっている。28日にはテクノロジー株が大幅に上昇したのに対し、ツイッターは0.4%上昇にとどまった。

  USグローバル・インベスターズのヘッドトレーダー、マイケル・マトウスク氏は「投資家の強気バイアスは崩れた。小さな記事でさえ売り材料に使われるようになっている」と指摘。「昨日の大幅上昇にツイッターが加わらなかったことから、誰かが大きなポジションを手じまっていると考えられる」と述べた。

  ツイッターはブルームバーグ・ニュースへの電子メールで、株価の動きについてはコメントしないとした。

原題:Twitter Shares Slump as ‘Bullish Bias’ Looks Broken to Traders(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE