コンテンツにスキップする

米、サウジに最新鋭ミサイル迎撃システム売却で契約締結-約1.7兆円

Trees surround a sign for Lockheed Martin Corp. standing outside the company's headquarters in Bethesda, Maryland, U.S.
Trees surround a sign for Lockheed Martin Corp. standing outside the company's headquarters in Bethesda, Maryland, U.S.

Photographer: Andrew Harrer / Bloomberg

Trees surround a sign for Lockheed Martin Corp. standing outside the company's headquarters in Bethesda, Maryland, U.S.

Photographer: Andrew Harrer / Bloomberg

トランプ米政権は、サウジアラビアによる米ロッキード・マーチン製の最新鋭ミサイル迎撃システム取得を認めることに合意した。トランプ大統領はサウジに対し、同国のジャーナリスト、ジャマル・カショギ氏殺害の責任を追及することに消極的だと米議会で非難が高まっているが、合意に踏み切った。

  サウジは最大150億ドル(約1兆7000億円)を投じて高高度防衛ミサイル(THAAD)などで構成する迎撃システムを購入する。取引締結を米国務省当局者が28日夜に確認した。この数時間前には、対サウジで一段と強い行動を取るよう上院議員の超党派グループが要請したばかりだった。

原題:U.S. Is Said to Allow Sale of Missile Defense System to Saudis(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE