コンテンツにスキップする

米インテルの王座に台湾TSMCが挑む-半導体製造の状況一変

  • TSMCはアップルやクアルコムなど多くの顧客を抱える
  • 「今は50年に1度の状況」-インテル元ナンバー2のジェームズ氏

インテルは30年余りにわたり、半導体製造で支配的地位にあった。だが今は、多くの米国人にとってなじみのない企業である台湾積体電路製造(TSMC)からの脅威にさらされている。

  TSMCは1987年、自前の設備を建設する資金がない企業向けに半導体を量産するために設立された。こうした受託生産方式に対して当時、米アドバンスト・マイクロ・デバイセズ(AMD)の創業者ジェリー・サンダース氏が「真の男なら工場を持っているものだ」と一蹴したのは有名な話だ。

  だが、TSMCの工場が今や半導体製造業界の頂点をかけてインテルに挑戦するまでに成長したことで、そうした嘲笑的な見方は羨望(せんぼう)に変わっている。AMDは最近、最先端プロセッサーの生産委託先にTSMCを選んだ。不振の自社工場は何年も前にスピンオフ(分離・独立)している。

  半導体製造の状況は一変し、企業は相次いでTSMCに生産を委託するようになった。TSMCはアップルクアルコムなど大手テクノロジー企業から、AMDなど準大手企業、アンペア・コンピューティングなどの小規模企業に至るまで、多くの顧客を抱える。こうした部品の受託生産が爆発的に増加したことで、TSMCは小型で高効率、高性能の半導体の量産に必要な技術的ノウハウを蓄積した。

Key Speakers At Fortune's Most Powerful Women Conference

ルネ・ジェームズ氏

フォトグラファー:Patrick T. Fallon / Bloomberg

  「今は50年に1度の状況だ」と、インテルの元ナンバー2で現在は新興企業アンペアを率いるルネ・ジェームズ氏は述べた。

Investors Embrace TSMC

原題:Intel’s Chipmaking Throne Is Challenged by Taiwanese Upstart (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE