コンテンツにスキップする

パウエルFRB議長は株式相場を下支えしたのか-ウォール街の見方

  • 金利は中立「わずかに下回る」との議長発言でS&P500種は一段高
  • 利上げ懸念の落ち着きは底入れプロセスの重要部分-アントネリ氏
Trading On The Floor Of The NYSE As Tech Spurs Stock Rebound
Photographer: Jordan Sirek/Bloomberg
Trading On The Floor Of The NYSE As Tech Spurs Stock Rebound
Photographer: Jordan Sirek/Bloomberg

米連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長が金利とバリュエーションの両面から株式強気派を後押しする発言を行ったことから、28日の米株式相場は一段高となった。ただ、これが投資家を2カ月間悩ませてきたボラティリティーに終止符を打つのか、ウォール街では見方が分かれている。

  10月に金融政策について「中立まで長い道のりがある」と警告していたパウエル議長は28日、エコノミック・クラブ・オブ・ニューヨークでの講演で、政策金利は中立のレンジを「わずかに下回る」との認識を示した。さらに、「バリュエーションが標準的なベンチマークをはるかに上回っているような」主要な資産クラスは見当たらないとも述べた。

  トレーダーやストラテジスト、エコノミストの分析は以下の通り。

ウェルズ・ファーゴ・インベストメント・インスティチュートのシニアグローバル市場ストラテジストのサミーア・サマナ氏

金利は中立レンジまで「長い道のりがある」から、中立を「わずかに下回る」という表現に変化したのは180度の方向転換に近い。現在見られるリスクはどれも、S&P500種株価指数が2950をうかがう展開だった2カ月前にもあった。相場が10%下落して市場関係者はこれらの懸念を軽視しなくなり、「悪材料になるだろう」と言い出した。これらのリスクが市場に好ましい形で自然に解決する方法は多く、今日の動きもFedリスクが解決したとみられる好例だ。

B・ライリーFBRのチーフ市場ストラテジスト、アート・ホーガン氏

2つの大きな逆風は、対中貿易と米金融当局がデータに影響されずにやみくもに利上げを推進することを巡る懸念だ。これらの逆風の1つが取り除かれることは相場底入れプロセスの極めて重要な部分だ。

ロバート・W・ベアードの機関投資家向け株式セールストレーダー兼マネジングディレクター、マイケル・アントネリ氏

FRB議長が中立に近いと述べれば、投資家は最も売り込まれた銘柄に押し寄せるだろう。ハイテク株については、何年も見たことのないバリュエーションに下落した銘柄も一部ある。市場は議長発言の意味を理解して金融当局にとっての最終的な金利の到達点を見極める必要がある。市場はそれが従来の想定よりも低いことを織り込む。

パシフィック・ライフ・ファンド・アドバイザーズのアセットアロケーション責任者、マックス・ゴクマン氏

中立を「わずかに下回る」という発言を株式市場は本当に好感した(債券利回りやドルの市場では嫌気された)。先月の議長発言に比べてかなりハト派に転じたと受け止められた。パウエル議長が中期的な株式市場のボラティリティーやトランプ大統領からの批判に左右されるという考え方に私ならくぎを刺す。実際、利上げの効果が経済全般に浸透するには少なくとも1年かかるとのパウエル議長の見解は最近の株価動向の責任は米金融当局にあるとの見方を否定する意図があったかもしれない。

原題:Did Powell Just Put a Floor Under Stocks? Wall Street Weighs In(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE