コンテンツにスキップする

英経済、無秩序なEU離脱なら戦後最悪の不況も

  • GDPは1年以内に8%縮小、ポンドは対ドルで等価割り込む
  • EUと緊密な関係維持ならGDP落ち込みは軽減
U.K. Prime Minister Theresa May Attends Parliament
Photographer: Chris Ratcliffe/Bloomberg
U.K. Prime Minister Theresa May Attends Parliament
Photographer: Chris Ratcliffe/Bloomberg

メイ英首相の欧州連合(EU)離脱計画が議会の承認を得られず無秩序な離脱に至る場合、英経済は少なくとも第2次世界大戦以降で最悪の不況に陥る恐れがある。イングランド銀行(英中央銀行)が28日公表した報告書で厳しい警告を発した。

  報告書によると、最悪のシナリオをたどれば英国の国内総生産(GDP)は1年以内に8%縮小し、不動産価格は3割落ち込む可能性がある。金融危機の際に英GDPはピークから谷までに6%強減少した。

relates to 英経済、無秩序なEU離脱なら戦後最悪の不況も

  また英国の信頼性が問われる事態となってポンドは急落し、イングランド銀はインフレへの対処で金利を大幅に引き上げざるを得なくなるとの見方も示した。

  「無秩序な」EU離脱に至った場合のイングランド銀の主な予想は以下の通り。

  • GDPは8%減少
  • 住宅価格は30%、商業不動産価格は48%それぞれ低下
  • ポンドは25%下落し、対ドルでパリティー(等価水準)を割り込む
  • インフレ率は6.5%に加速
  • イングランド銀は金利を5.5%に引き上げ、向こう3年間の平均金利は4%に

  イングランド銀は議会委員会の要請に基づき、今回の報告をまとめた。英国がEUを離脱する来年3月29日までに新たな貿易協定を結べないことによる危険を訴えた形だが、無秩序な離脱が実際に起きるとは考えていないとも言明した。

  報告書では複数のシナリオを分析しており、無秩序な離脱ならEUに残留していた場合に比べ2023年末までにGDPが最大10.5%低くなるが、EUと緊密な関係を維持する協定を結べば下振れは4%弱に縮小すると見込んだ。

原題:BOE Warns Disorderly Brexit Could Unleash a Savage Recession(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE