コンテンツにスキップする

無秩序なEU離脱、英GDPを最大10.7%押し下げ

  • 英政府はEU離脱の経済的分析に関する報告書を公表
  • メイ首相がEUと結んだ合意を想定した予測は含まれず
A one pound coin stands next to a pile of coins in this arranged photograph.

A one pound coin stands next to a pile of coins in this arranged photograph.

Photographer: Chris J. Ratcliffe/Bloomberg
A one pound coin stands next to a pile of coins in this arranged photograph.
Photographer: Chris J. Ratcliffe/Bloomberg

メイ英首相が欧州連合(EU)とまとめた離脱合意を議会が拒否し、EUと新たな貿易協定を結ばずに離脱する場合、英経済が15年間にわたって被る打撃は甚大なものになると、政府が分析した。

  英政府は28日公表した報告書で、無秩序なEU離脱に至りEU諸国からの労働力供給が途絶えれば、国内総生産(GDP)は2034年までに、EUに残留した場合と比べて最大10.7%低くなるとの見通しを示した。

  今回の報告書は最悪のシナリオについて暗い将来を描いて見せたが、メイ首相がEUと先週結んだ合意に基づいて離脱した場合の経済的影響は明示していない。

Brexit Impact

Stopping migration would increase the severity of the hit to the U.K. economy

Source: U.K. government

Note: Figures are midpoints of a range, show GDP impact over 15 years

原題:U.K. GDP Would Suffer 10.7% Hit in Worst Case No-Deal Brexit (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE