コンテンツにスキップする

イタリア財務相:EUと市場の不安を考慮する必要がある

  • トリア財務相、イタリアの予算について上院で発言
  • 欧州委員会と「真剣な対話」を進めている-トリア氏

イタリアのトリア財務相は同国予算を巡る欧州連合(EU)との対立で、政府として「欧州のパートナー国の不安」と投資家の懸念を考慮しなければならないと述べた。

  トリア財務相は28日上院で、2019年予算は「やや拡張的」だと表現。欧州委員会との「真剣な対話」によって、同国政府の経済政策を完全に尊重する解決策を見いだすことができるはずだと語った。

  トリア氏は「欧州のパートナーの不安と、金融市場など市場の不透明性の度合いを考慮する必要がある」とし、「現在の不透明な経済環境とその重しとなっている高水準のスプレッドを、第一に考慮しなければならない」と訴えた。

原題:Italy’s Tria Says Government Must Consider EU, Market Fears(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE