コンテンツにスキップする

伊ウニクレディトが30億ドル社債発行、買い手はPIMCOと関係者

  • ウニクレディトは5年物社債を発行、買い手は明らかにしていない
  • 私募債としては異例の大きな規模、資本状況の改善に寄与すると説明

イタリアの銀行ウニクレディトは、「プライム機関投資家」向けに30億ドル(約3410億円)相当の社債を発行したことを明らかにした。投資家の名前は明らかにしなかった。

  事情に詳しい関係者2人によれば、私募債としては異例の大きな規模の今回の起債で、買い手はパシフィック・インベストメント・マネジメント(PIMCO)だった。関係者らは情報が非公開だとして匿名を条件に語った。

  ウニクレディトの発表資料によると、発行したのは5年債。資本状況の改善に寄与すると同行が説明した。

  予算案を巡るイタリアと欧州連合(EU)の対立から、イタリアの銀行は資金調達コストの上昇に直面している。イタリア債利回りは押し上げられ、指標となるドイツ国債との利回り差は拡大している。

  イタリア紙ソレ24オレが先に、買い手がPIMCOだと報じていた。

 
原題:UniCredit Gets $3 Billion From ‘Prime’ Investor in Funding Boost(抜粋)
Pimco Is Said to Buy All of UniCredit’s $3 Billion Bond Issue (抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE