コンテンツにスキップする

ゲノム編集の受精卵、2例目が妊娠初期-中国研究者の賀建奎氏

  • 双子の女児は正常かつ健康に生まれた-賀氏
  • 公の場に姿を現すのは女児誕生を明らかにしてから初めて

エイズウイルス(HIV)感染に抵抗力を持たせるため、ゲノム編集技術を使って遺伝子を改変した受精卵から双子の女児が生まれたと主張している中国の研究者、賀建奎氏が28日、2例目が妊娠初期にあることを明らかにした。

  賀氏は香港で開かれた遺伝学会議で、双子の女児は正常かつ健康に生まれたと説明。女児の経過観察のため研究を一時停止していると述べた。7組のカップルからの受精卵が移植に向けて準備され、2例目が妊娠初期にあるという。同氏が公の場に姿を現すのはゲノム編集で女児が誕生したと明らかにしてから初めて。

Chinese Scientist He Jiankui Speaks At The Human Genome Editing Summit

第2回ヒトゲノム編集国際サミットに出席した賀建奎氏(11月28日)

写真家:アンソニー・クワン/ブルームバーグ

  賀氏は今回の研究で、強力なゲノム編集ツール「クリスパー」を使って双子の「CCR5」遺伝子を除去。それに伴うリスクについては実験に参加したカップルに伝えたとして自身の研究を擁護した。

  同氏の発表に対しては中国や世界の科学界から批判が相次いでいる。虚偽との疑惑があるほか、中国でも調査が行われ、著名な中国研究者からは処罰を求める声も上がっている。中国政府高官も違法との認識を示している。

原題:Chinese Scientist Reveals Second Gene-Altered Pregnancy Underway(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE