コンテンツにスキップする

米利上げ回避につながる選択肢、財務長官が10月の会合で質問-関係者

  • 米国債発行諮問委員会の定例会合で参加者に尋ねたと関係者
  • 利上げと当局保有資産圧縮の加速のどちらを選ぶかと問い掛け

ムニューシン米財務長官は10月、金融引き締めの方法として利上げと当局保有資産圧縮の加速のどちらを望むかと、債券ディーラーと投資家らに尋ねた。事情に詳しい関係者6人が明らかにした。

  同長官の質問はトランプ大統領の嫌がる利上げを避けながら米経済の過熱を防ぐ方法を示唆したとも受け取れる。大統領は利上げについてパウエル連邦準備制度理事会(FRB)議長を繰り返し批判している。ムニューシン長官は中央銀行の独立性が重要だとして金融政策についてコメントしたことはない。

  会話は個人的なものだったとして匿名を条件に語った関係者らによると、ムニューシン長官は10月30日に行われた米国債発行諮問委員会(TBAC)との四半期定例会合で、バランスシートの圧縮加速と一段の利上げのどちらか一方を選ぶとしたら、どちらだろうかと問い掛けた。同長官は債券市場参加者が2つの選択肢についてどう考えているかを知りたいという好奇心から質問したと関係者の1人が述べた。

  関係者のうち2人によれば、意見は分かれた。TBACには投資ファンドと銀行の代表が参加する。メンバーにはゴールドマン・サックス・グループやシタデル、JPモルガン・チェースの幹部らが含まれる。

  TBACは財務長官が債券市場参加者と接触し債務管理計画を伝える機会だと財務省報道官は説明したが、詳細への言及は控えた。

After years of crisis-fighting, the Fed balance sheet is finally getting smaller

原題:Mnuchin Said to Ask About Fed Option That Could Avoid Rate Hikes(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE