コンテンツにスキップする

フォード、中国での「リンカーン」生産計画前倒しへ-関税回避目指す

  • リンカーン生産を2019年後半に開始する計画だった
  • リンカーンブランドの回復を中国に託している

フォード・モーターは、中国で高級車「リンカーン」の生産を開始する計画を前倒しすることで、トランプ米大統領が仕掛けた貿易戦争でもたらされた関税を回避することを目指している。同社は長期にわたり停滞しているリンカーンブランドの回復を中国に託している。

  フォードは中国のパートナーとリンカーンの複数モデルの生産を2019年後半に開始する計画だったが、そのタイミングを少しでも早めようとしている。トランプ政権の関税への報復として中国が課した関税の影響を乗り越えるのが狙い。

  「われわれがやりたいと思っているのは計画の前倒しだ」とリンカーン責任者およびフォードの最高マーケティング責任者であるジョイ・ファロティコ氏がインタビューで明言した。

Just a Sliver

The Lincoln brand has been a small portion of Ford's China sales

Source: Company statements

  ファロティコ氏によれば、リンカーンは中国で製造したモデルを米国に輸出する計画を見直している。それよりも同じモデルを米中両国で生産する可能性が高いという。「関税の逆風を踏まえ、価格競争力を確保するためだ」と同氏は説明した。

Lincoln Aviator

「リンカーン・アビエータ-」

Source: Ford

原題:Ford Seeks to Skirt Tariffs by Speeding on China-Built Lincoln Plan(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE