コンテンツにスキップする

エジプト財務相:IMFに追加融資求めず、現行プログラム後に

  • 3年間で120億ドルのIMF融資プログラムは来年6月に失効
  • IMFとの緩やかなつながりを維持する用意があると財務相

エジプトのマート財務相は国際通貨基金(IMF)からの総額120億ドル(約1兆3700億円)の融資プログラムが来年6月に失効する際に新たな融資を求めることはないとしながらも、投資家を安心させるためIMFとの緩やかなつながりを維持する用意があると表明した。

  マート財務相は28 日に放映されたブルームバーグテレビジョンとのインタビューで、「現状ではIMFからの追加融資が必要になると考えていない」と指摘。IMFと「何らかの協力を行う可能性」はあるが、「われわれがさらなる融資を要請するという意味ではないとあらためて言明・強調したい」と語った。

  マート財務相はエジプトを危機の瀬戸際から救済するのに役立った3年間のプログラムが失効するのに伴い、どういった取り決めを望むかについて詳細には触れなかった。

原題:Egypt Says Won’t Seek Further Funding From IMF When Program Ends(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE