コンテンツにスキップする
Photographer: Chris Ratcliffe/Bloomberg

ビットコインETF、投資家保護手段の欠如がハードル-SEC委員長

  • SECが最近のETF上場申請をなぜ認めなかったかに関して発言
  • SECスタッフは操作が行われかねないことへの懸念を表明している
Two coins representing Bitcoin cryptocurrency sit on a computer circuit board in this arranged photograph in London, U.K.
Photographer: Chris Ratcliffe/Bloomberg

米証券取引委員会(SEC)のクレイトン委員長は27日、仮想通貨ビットコインの米上場投資信託(ETF)について、投資家保護の欠如への懸念からSECが早期に承認する可能性は低いとの見解を示した。

  ニューヨークで開かれた会議でクレイトン委員長は、仮想通貨が交換業者での取引であまりにも容易に窃盗や操作の対象になり得ることをまだ懸念していると発言。SECがETF案件を進める前にこうした問題に対処しなければならないとした。

  クレイトン委員長は「投資家が期待しているのはETFの裏付けとなる商品の取引が理にかなった形で、リスクや操作される大きなリスクなしに行われることだ」とした上で、「こうした安全手段は仮想通貨が取引される市場の多くで存在してしない」と述べた。

  SECはここ数カ月、ビットコインETFの一連の上場申請を却下しており、ETF発行がより幅広い投資の重要なステップになるとみているビットコイン支持派の期待は打ちのめされている。SECスタッフはほとんど規制のない市場で操作が行われかねないことへの懸念を表明している。

原題:Bitcoin ETFs Roadblocked by Lack of Safeguards, SEC’s Chief Says(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE