コンテンツにスキップする

中国の劉副首相、市場開放の推進を約束-G20での米中首脳会談控え

中国の劉鶴副首相は経済の開放を推し進めることを約束し、貿易戦争は非生産的だと非難した。同国の習近平国家主席とトランプ米大統領は今週末の20カ国・地域(G20)首脳会合で会談を予定している。

  劉副首相はドイツのハンブルクで開かれた会議で、自由貿易への「非常に大きな」関心を中国と欧州は共有しているとし、これをトランプ大統領の立場と対比した。トランプ氏は中国からの輸入品2000億ドル(約22兆8000億円)相当への関税率引き上げを予定通り実施する可能性が高いと述べている。

  保護主義と一方的な措置は「経済の不確実性をもたらすばかりだ」と副首相は指摘。「関税引き上げはリセッション(景気後退)をもたらすのみで、貿易戦争がいかなる勝者も生まない」ことを歴史は物語っていると述べた。

  副首相はこのほか、海外企業の市場アクセス改善に向けた対策の強化を「できるだけ迅速かつ早期に」実施すると述べ、通信、教育、医療の各市場を開放する取り組みの加速を習国家主席が約束していることに言及。中国は国営企業改革も加速させると話した。

原題:China Vows to Open Its Markets Ahead of Trump-Xi Talks at G-20(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE